NetWind

風の吹くままネットの旅
CALENDAR & CLOCK
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECOMMENDED ITEMS
Free Culture
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2004/07/23

CODE ― インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ, 山形 浩生, 柏木 亮二

発売日 2001/03/27

コモンズ
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2002/11/30

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo

発売日 2003/12
Sheryl Crow
Sheryl Crow

発売日 1996/09/24


While You Can
Lucy Woodward

発売日 2003/04/01

Hotel Paper
Michelle Branch

発売日 2003/06/24

スリー・キングス 特別版

発売日 2002/04/05

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション

発売日 2003/10/22

SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
blogを続ける理由。
専修大学ネットワーク情報学部の山下清美先生が、その名もずばり「ウェブログの心理学」という論文をweb上にupしている。wouldbe_blogWeblogを書き続けるということ で知った情報である。これを読んで数日間考えていたのだが、う〜ん、正直言ってこれを取り上げる、あまりいいアイディアが湧いてこなかった。山下先生と先行研究では、志向性として自分を向いているか、他人との関係を重視しているかという2つに分け、書かれている内容について事実を多く書いているか、自分の心情を書いているかという2つに分けて、クロスして合計4つの分類にblogを分けている。
世の中にはいろいろなblogがあるので、なかなかこの4つに自分のblogがぴったり当てはまると思う人は少ないかもしれない。しかし、興味深い分析であることは確かである。

個人的なblogを続けている理由を考えると、僕としては、なるべく人と違うものが書けると思ったときにエントリをupするようにしたいと思っている。だから、多くの人が取り上げていて、自分も同じ考えだと思う話題は取り上げないようにしている。という考えもあるのだが、そうもいっていても仕方がないので、どうしてもこれは書きたい場合は、多くの人と同じ意見だと思っても、エントリを書くこともある。

実際、この問題に対するこういう見方は、あまりないだろうと思って書いても、残念ながら人にはあまり読んでもらえることはないようだ。多くの人が話題にしていることがらについて書いた方がアクセス数は稼げるように思える。

僕としても、せっかく書いたのだから、多くの人に読んでもらいたいと思う。しかし、個人的にこれは他の人とは多少違う考え方を含んでいると思えても、そういうものは読んでもらえる可能性が少ない。おそらく、キーワード検索している人にとって、眼中にも入らない。かといって、他の人と同じことを書いても面白くない。ここが悩みどころだったりする(笑)。まあ、新しい考え方が、大してたくさんあるわけではないのだが。

Rebecca Bloodの『ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス』でも、アクセス数を気にしてはいけないと書いているが、これを気にせずblogができる人も、かなり少ないだろう。でも、そればかり気にするのもできない。
| blog | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netwind.jugem.cc/trackback/153
トラックバック