NetWind

風の吹くままネットの旅
CALENDAR & CLOCK
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECOMMENDED ITEMS
Free Culture
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2004/07/23

CODE ― インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ, 山形 浩生, 柏木 亮二

発売日 2001/03/27

コモンズ
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2002/11/30

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo

発売日 2003/12
Sheryl Crow
Sheryl Crow

発売日 1996/09/24


While You Can
Lucy Woodward

発売日 2003/04/01

Hotel Paper
Michelle Branch

発売日 2003/06/24

スリー・キングス 特別版

発売日 2002/04/05

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション

発売日 2003/10/22

SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
知識の集積とコンテンツマネージメントの将来
blogカテゴリ急増中(笑)。前回、書いている途中でめんどくさくなって、「きっと未来はもっと便利なコミュニケーションツールになっていくんだろう。」なんて、訳の分からないまとめ方で切り上げてしまったら、いつも読んでいるめたかさんのblogで、blogの未来について、こんなエントリがあがっていた。僕の古いエントリを取り上げてもらっているから(そしてtrackbackも頂いていた)エントリを加えるわけではなのだが。でも、前回のエントリを書いていて思ったんだけど(そして古いエントリを書いたときも思ったけど)、未来を予測するのは難しいことだから、恥をさらしたくなければ予測だけはしないほうがいいようだ。もう、しちゃってるけど(笑)。

なんだか、blogが急増したためなのか、「blogはもう終わり」という議論があるみたい。僕はあえて取り上げるつもりもなかった。最初に言った(と思われる)人の言葉も、内容をよく読むと単にblogがなくなっていくと言っているわけではないようだし、何をもって「終わり」というのかも人それぞれで、いろいろな感じ方があるのだろうと思う。一時期、少なくとも日本のwebコンテンツを大きく変化させた掲示板もなくなったわけではないしね。普通のwebページを作っている人もたくさんいると思う。

古いエントリを書いたときはblogが何かを変化させているような気がしたし、僕も、たぶん今よりも(笑)、blogにハマっていた。だから、何を変化させているのかを知りたいと思っていたと思う。僕が感じていた変化とは、多少、微妙に異なっているとは思うけれども、現在もその変化は進行中なのだろう。

できたら、blogに限らず、Wikiやそのほかのコンテンツマネージメントシステム(CMS、代表的なものはXOOPSだろうか)の可能性を考えてみたいと思っていた。全くまとまっていないのだが、ちょっと考えてみたい。
と、書いてみたけれども、本当に何から書いたらいいか分からない。特にCMS全体となると難しい。なのでとりあえずblogに絞ってみると、blogが何を変化させていると感じるかも、人それぞれに異なっているようだ。本当に多様な考え方があるようなのだが、あえて少しまとめてみようと思う。ひとつ大きなものはマスメディア・ジャーナリズムに代わるジャーナリズムが生じる可能性があるという考え方だ。これについてはたくさんの人が書いているのと、ジャーナリズムというものの定義が人それぞれで、激論が交わされているようだ。僕としては無理にジャーナリズムを定義することも難しいと思うし、定義のはっきりしない言葉を使って議論するのは苦手なので、これ以上は追及しないことにしよう。

次に、めたかさんのエントリでポイントになっていると思われる知識の集積の仕方が変化していくという考え方があると思う。めたかさんが「体系的」ということを強調している背景には、このような考え方があるのではないだろうか。この考え方は興味深いのだが、これまた難しいポイントがいくつかあると思うので、とりあえず整理してみよう。

まず、webシステム全体を見たときに、とりあえず簡単にページを作れるという特徴から、たとえ断片的であったとしても知識が次々に集積していく傾向があると思う。その関係は基本的にlinkであるけれども、linkの貼る関係も特に決まりがあるわけではないので、作成者の主観、および知っている範囲によってlinkが貼られていると、必ずしも体系的な関連性が創造されるとは限らない。その上に検索エンジンというものがあって、キーワードによって関連するwebページが探し出される。しかし、そもそもlinkが体系的な関連を創造していないとするとwebページに掲載されている知識を体系的に知ることは簡単ではない。もちろんlinkは全く関係ないページにランダムに貼られているわけではないので、ある程度は知識を得られる。でも、現時点でも、めたかさんも(そして多くの人も)たぶん同意してくれると思うのだが、ある言葉の意味を知るためには検索エンジンを使って検索することは価値があるが、かなり高度に専門的な内容について体系的な知識を得る方法としてはwebスペースには限界があるように思える。

この上にblogなどのCMSがあるとどのような変化があるだろうか。基本的に大きな変化があるといえるかどうかは難しいところだが、RSSやtrackbackなどは多少の変化をもたらしているのではないだろうか。めたかさんは体系的な知識の集積には限界があるとしているようだ。とは言っても、標準的なblogツールにはついているカテゴリなどは、関連するエントリをまとめて読むのに便利であるし、めたかさんが昔やっていたように続きもののエントリにblog内trackbackを打っておくと読みやすく出来るように思える。このような変化があることは前提としても、
at most countable: 私の望む「ネクスト・ブログ」
個別の記事をリンク貼って整理すれば「体系的」にまとめる事も可能、ですけど面倒なんですよねー。
というめたかさんの言葉は実感がこもっている。

そのような中で、
at most countable: 私の望む「ネクスト・ブログ」
理想は「読み手が並び方を選べるようにする」なんですけど、それを動的に管理するって技術的に難しいのかな?
というのは興味深い指摘だと思う。でも、たとえば検索エンジンを利用するということは、あるキーワードについて(たとえばよく読まれている順に)webページを並べて読めるようにしているとも考えられる。XOOPSについてもフォーラム、ニュースやヘッドラインなどのコンテンツを選ぶことが出来ることは、ちょっと異なっているけれども読み方の選択権を持っているのかもしれない。

読み手はどのような選択権を欲しいと思っているのか。今の検索エンジンがすべてでないことは確かだけれども、読み手自身もそれをすべて分かっているわけではない。技術的な問題は詳しくないので分からないが、まだいろいろな可能性があるのだろう。

そして、読み手が選択する場合に、書き手がどのように情報をまとめておくかということと、完全に無関係に出来ることではないように思える。素晴らしい内容のwebページは少なくないけれども、違った角度からまとめてくれていた方が分かりやすいのに、と思うことは多くの人が感じたことがあるのではないだろうか。技術的なアイディアとも関連するけれども、読み手の選択と書き手の情報のまとめ方の関係に関して、新しい技術的アイディアは、いろいろと出てくるのではないだろうか。その中でより良い技術が残っていくのではないかと思う。

なにが出来るようになるのか、予測は難しい。でも、blogのようなコンテンツマネージメントシステムの技術は、進歩の一歩目を踏み出したところなのだと思う。もっともっとwebスペースの知識が集積して、その上で出てくる技術もあるのかもしれないと思う。

古いエントリでめたかさんが教えてくださったサイト。あんまり言及できなかったし、内容的にも関連するかどうか分からないけど参考まで。

追記:
Web 2.0という言葉が氾濫しているけれども、はてなダイアリーの説明からは、多くの人が同じようなことを考えているように思える。きっと技術的なアイディアはいろいろとあるのかな。
| blog | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 14:12 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netwind.jugem.cc/trackback/206
トラックバック