NetWind

風の吹くままネットの旅
CALENDAR & CLOCK
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECOMMENDED ITEMS
Free Culture
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2004/07/23

CODE ― インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ, 山形 浩生, 柏木 亮二

発売日 2001/03/27

コモンズ
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2002/11/30

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo

発売日 2003/12
Sheryl Crow
Sheryl Crow

発売日 1996/09/24


While You Can
Lucy Woodward

発売日 2003/04/01

Hotel Paper
Michelle Branch

発売日 2003/06/24

スリー・キングス 特別版

発売日 2002/04/05

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション

発売日 2003/10/22

SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
最高裁判所、選挙権制限に違憲判決
一昨日の出来事になってしまったが、14日に国外在住の日本人が、現行の国政選挙制度において選挙権が比例区の投票のみに制限されていることについて、違憲であるとの確認と賠償を求めた裁判で、最高裁判所の大法廷は違憲との判決を出した。ウィキニュース参照。

この裁判は、興味を持っていたのだが、特に興味深いと思った点は、選挙の直後であったことも影響したとは思うが、翌日の大手の新聞のいくつかが一面トップで扱ったことである。違憲判決は意外だったのかもしれない。しかし、前日のテレビニュースを見ていた感じでは、それほど大きな事件と扱われている感じがしなかったので、新聞の扱いは少々興味を覚えた。
前のエントリにも関連するが、このような最高裁の判断は歓迎すべきと思う。正直に言って、僕も、実は比例区で選挙できるのだから、住民票登録が国内にない在外邦人は選挙区の投票権がないのも仕方がないかなぁと、思っていたのだから、この問題の重要性を軽視していたとのそしりは免れない。判決要旨を見るかぎり、この判決に示された判断は正しいと思う。ただし2人の裁判官が、反対の意見を述べている。

いずれにしても、新聞も(少なくとも僕が読んだ2紙は)1面だけではなく、その他のページも使って詳しく背景を解説していたことは、この判決を重要なものと見ていたものだと考える。
| 今日の出来事 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:50 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netwind.jugem.cc/trackback/220
トラックバック