NetWind

風の吹くままネットの旅
CALENDAR & CLOCK
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECOMMENDED ITEMS
Free Culture
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2004/07/23

CODE ― インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ, 山形 浩生, 柏木 亮二

発売日 2001/03/27

コモンズ
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2002/11/30

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo

発売日 2003/12
Sheryl Crow
Sheryl Crow

発売日 1996/09/24


While You Can
Lucy Woodward

発売日 2003/04/01

Hotel Paper
Michelle Branch

発売日 2003/06/24

スリー・キングス 特別版

発売日 2002/04/05

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション

発売日 2003/10/22

SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
何故、僕がblogから離れると、大切なことが起こるのか?
っていうテーマで、エントリを加えたい気分である。まあ、その中からひとつのテーマにしぼって行こう(「祭り」というキーワードで書きたいこともあるが、この掲示板については、このblogでは取り扱わないという方針なので(笑)、止めておこうと思う)。米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント社についてである。めたかさんのとこで知った内容であるので、そのエントリにtrackbackをさせて頂こうと思う。
ソニーBMGの問題は、意図して(顧客の)システムを脆弱なものにする仕組みを、販売するCDに組み込んだ点にある。ソニーは顧客が不正なコピーをしないためであると主張しているが、この仕組みを用いれば第三者がシステムを攻撃することを可能にしうるものだ。何が起こっているのかは次の3つのページが参考になる。
ソニーの音楽CDに「トロイの木馬」――真の問題点は何か
ワイアード・コラムニスト「ソニー製品ボイコットを」(上)
ワイアード・コラムニスト「ソニー製品ボイコットを」(下)

最初のページでは、次のように述べられている。
ソニーの音楽CDに「トロイの木馬」――真の問題点は何か
 こうした批判に応え、ソニーBMG社は2日(米国時間)、ファースト4インターネット社のソフトによって隠されたファイルにもアンチウイルス・ソフトウェアが機能するよう、パッチを配布すると言明した。だが、ハッカーやウイルスによる脅威は、本質から外れた論点だとわれわれは考える。ソニーBMG社のとった手法の問題点は、悪者に利用されかねないということではなく、同社が自ら悪事を働いたところにある。

 われわれは今回の件で、コンピューターの裏社会を調べあげ、よからぬ行為の証拠をつかむ必要はない。CD購入者のコンピューターの最も基本的な性能に危害を加えたことで、ソニーBMG社はフェアプレーのルールを破り、合法的なソフトウェアとコンピューターへの不法侵入を隔てる、明確な一線を踏み越えたのだ。同社の行為は民事訴訟の対象にもなりかねない。
Hotwiredが“フェアプレーのルールを破”ったとしているのは、自分の利益のために、顧客の所有するシステムを脆弱にするという行為を指しているものと思う。これを“フェアプレーのルール”と呼ぶべきかさえ、微妙であろう。

テクノロジーの進歩とともに、企業倫理はとても分かりにくいあり方をしているように思える。まずこれを読んで僕がしたことは、全てのWindowsシステム上で$sys$.txtというファイルを作り、見えるかどうかを確かめた。それから、3つ目のコンピュータにはCD-ROMドライブが付属していないことに、気がついた(今年になってからソニーBMG社のCDは購入していない)。多くの人は、上の3つのページを読んで、何が問題なのか即座に理解できるだろうか。この話題は、アンテナに引っかかるだろうか。まず何が倫理的な問題として目の前にあるのかを理解することが難しくなっている社会に、僕たちは直面しているのだろうか?
| 気になること | 21:16 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
まず1つ、強くうなずき
>多くの人は、上の3つのページを読んで、何が問題なのか即座に理解できるだろうか。

そぉぉぉなんですよぉ!!!
全然、理解できないみたいなんですよね!
だから、私の記事も全然、反応が薄いし。
(追記部分クリックした人の数、無茶少ないんで)
まぁ、私も問題を理解するのに時間がかかったので
しょうがない話だとは思いますけども・・・

rootkitって、セキュリティ関係の人には
相当にタチの悪いものって事になってるみたいですね。
(例えばコレhttp://www.tef-room.net/virus/virus-review.html
なんで「“フェアプレーのルールを破”った」なんて表現が
出てくるんじゃないかって思うんですけども。
(要するに彼らの定義では、これは既にマルウェアだ
 しかも、相当タチの悪いものだって事でしょう。)
| めたか | 2005/11/19 1:27 AM |
めたかさん、コメントありがとうございます。

この話題は、僕の周りでもしてみました。一応関心をもってくれます。しかし、なぜ、ソニーのやり方がまずいのかという点になると、第三者が悪用できるという点は理解してくれる人でも、システム的な問題は難しいね、技術者が解決すべき問題でしょ?的な反応が大半を占めていました。

僕の説明も良くない点もあったと思うのですが、技術的なところにまで関心を持って理解しようとする人が少ないことは、現在の高度な技術がモラルに違反した行為かルールに違反した行為かを社会全体で考えなければならないことを考えると、すこし深い問題があるように感じています。
| netwind | 2005/11/22 12:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netwind.jugem.cc/trackback/222
トラックバック