NetWind

風の吹くままネットの旅
CALENDAR & CLOCK
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
LATEST ENTRIES
RECOMMENDED ITEMS
Free Culture
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2004/07/23

CODE ― インターネットの合法・違法・プライバシー
ローレンス レッシグ, 山形 浩生, 柏木 亮二

発売日 2001/03/27

コモンズ
ローレンス・レッシグ , 山形 浩生

発売日 2002/11/30

ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo

発売日 2003/12
Sheryl Crow
Sheryl Crow

発売日 1996/09/24


While You Can
Lucy Woodward

発売日 2003/04/01

Hotel Paper
Michelle Branch

発売日 2003/06/24

スリー・キングス 特別版

発売日 2002/04/05

エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション

発売日 2003/10/22

SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
『デーモン君のソース探検』

デーモン君のソース探検―BSDのソースコードを探る冒険者たちのための手引き書
氷山 素子 著
アスキー 2004

まあ、僕はプログラムというものは苦手である。なんといっても完成しないのだ。僕のhome directoryのprogramというディレクトリには、実にさまざまな書きかけのプログラムがある(笑)。最近は統計解析や数値計算の作業のために専用のソフトを使ったプログラムを書くことが多いかな。
C言語は一応理解している、つもりである。でも、実際にはあまりうまく使えない。たくさんの本を読んでいるが、多分、お仕事で使っている人からみれば、使えるうちには入らないのだろうと思う。

帯に「C入門者から一歩先へ踏み出したい人にデーモンパパがソースの読み方のこつを教えます」と書いてある。C言語を一応知っているという前提で、どのように実際に使うのかを、NetBSDのさまざまなコマンドのソースを使って解説した本である。

この本は、BSD magazineに連載されているものを単行本化したものである。一応、連載時にざっと目を通しているのだが、実際にソースを見比べながら読んでいないので、NetBSDの実際のソースを見ながら読もうと思って、この本を買った。時間があるときに、これから読もうと思っている。まだ読んでいないが、カテゴリーは「観た・聴いた・読んだ」に入れる(笑)。
| 観た・聴いた・読んだ | 20:44 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
はじめまして。(めたかさん経由)

でーもんちゃんが初期に FreeBSD を使っていたのに、途中から NetBSD へ移行した事の説明が聞きたいと思う今日この頃。(笑)

失礼しました。
| keych | 2004/06/17 6:32 AM |
この本を選ぶなんて私とマニアックさが同じです(どこがー苦笑)。
私も連載読んでました。当たり前のことですが、この本は、C言語の知識というよりも、UNIX(+BSD)の知識がかなり要求されますね。ではこれにて。
| calc | 2004/06/17 10:24 AM |
keychさん

よく覚えていらっしゃいますねぇ。僕は忘れてて、
さっきBSD Magazineをチェックしました。
第1回目(BSD MagazineではNo.2)のpasswordは、
ソースリストがなく、BSD全般にわたる一般性の高い
記述を心がけているように見えました。
2回目と3回目は確かにFreeBSDのソースで解説して
ますね。4回目からNetBSDに移行したようです。
筆者の好みでしょうか。

本のほうは、NetBSDで統一されてますね。

僕もhpcmipsを使い始めてからNetBSDの方が好みです。
VMWareが動くようなので、NetBSDをi386のデスクトップ
マシンを使おうと思っているのですが、いまだ、FreeBSDです。
もちろん、FreeBSDが嫌いということはないんですけど。
portsが便利すぎて。


calcさん

calcさんと“マニアックさ”は、方向が同じでも
程度の差がありますよ、きっと(笑)。

> この本は、C言語の知識というよりも、
> UNIX(+BSD)の知識がかなり要求されますね。

そうですね。UNIXやBSDに関する知識は、僕は
この本で扱われている程度のものは、一応、概念的には
理解しているつもりなのですが、もうちょっと理解を
深めたいところです。

何でも、概念的には理解しているつもりなのですが、
どうも、血となり肉となる知識にまではできなくて。。。
| netwind | 2004/06/17 12:40 PM |
>calcさんと“マニアックさ”は、方向が同じでも
>程度の差がありますよ、きっと(笑)。
なんかお互い五十歩百歩なのでしょうか。(苦笑)
私は、netwindさんのサイトを見たとき、負けた!と思いました。(爆)。(何がかは別にして......)

| calc | 2004/06/17 3:37 PM |
補足を少し。
今月発売のBSD Magazineの連載には、inetd の仕組みが載っていました。
でもこんな短い解説でわかる人いるのだろうか?( select システムコールの使い方以前に、 inetd (xinetd)デーモンってそんなに当たり前に解っているのだろうか)。私の場合、月刊誌UNIXマガジン(アスキー出版)で解説では解らずいろんな本を読んでようやく解った記憶があるので。
| calc | 2004/06/18 3:36 PM |
calcさん

早速、BSD Magazineを買ってきました。
今さらっと読んだところなんですけど、
ふ〜んって感じで、なんとなく分かった
気分にさせられてしまいました。

これがいかんのだろうなぁと思うので、
もう一度、ゆっくり考えてみようと
思います。


1ページの記事ですが、沖勝さんの
「NetBSD on ThinkPad T40」フォローアップ
に非常に興味を惹かれてしまいました。
僕のはX40ですが、currentで主なデバイスが
動くようならば、ハードディスクを40Gに
しとけばよかったなぁと、後悔します。
20Gのうち、もう空き領域が6.5Gほどしか
ないのですが、無理やりでも3Gくらい切って
入れてみようかなぁ。
| netwind | 2004/06/19 6:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://netwind.jugem.cc/trackback/88
トラックバック